飼い犬のミニチュア・ダックスフンドの恐ろしい役割

飼い犬のミニチュア・ダックスフンドのマメ太郎の囮はドック食べ物をあげているのですが、昼間に人物がパンを食べて、多少なりともマメ太郎に差し上げると、それが癖になってしまって困った際があります。このことのせいでミニチュア・ダックスフンドは小犬のはずなのに、マメは太ってはいないけど、まだまだ大きな気がします。マメ太郎から家の中で離れた所にいても、パンのバッグを開けるときに離れた所からパンを頂だいとやって来ます。パンバッグの音質なのかパンの情景なのかわからないけど恐ろしい才能をもってある。
ミニチュア・ダックスフンドは一緒に住んでいる人を噛んだりはとめるきめ細かい飼い犬だ。チョッとワガママなところも在ります。知らない人物が来た時は欲吠えて身内を守ってくれてある。あたいは、自分のバリアとして脳神経の病魔のてんかん、になってしまってある。マメ太郎は病魔の発作で耐える際や、発作で倒れることをしばしば見てある。マメ太郎はあたいが倒れたときの大きな音質に気が付いて遠くからでも、走って来てあたいが倒れたことを他の人に吠えて知らせてくれます。ますます、すごい才能をもっていて、私の発作が起きてしまう幻覚が解るのか自分に発作が起きだしていらっしゃるという事を知らせてくれます。http://www.alumni-uum.org/entry6.html