主人が好みに忙しすぎて会うのが難しいです

私の旦那は思い切り忙しない自身だ。せわしないといっても、現職が忙しないのであれば許せます。しかし旦那は現職も恰もホビーでせわしない自身だ。ホビーも博物館巡りや釣り、独自観光など様々です。打ち上げも週間に2回はする。
俺とのデートはほぼ2週に1回で、手強い時は3週に1回だ。二度といるゾーンや企業が遠いわけではないので、会おうと思えば仕事帰りに出会うこともできます。しかしそんな助言もしてくれません。俺はひとたび巡り合う歩行について言ってみたことがあるのですが、旦那はこういう2週に1回のペースで十分だから切り替える必要はないと言いました。さすがに3週に1回になった時は俺が大層クレイムを言った時間、じゃあ今度からあんまり日数が空く時は晩多少なりとも良いから会おうと言ってくれましたが、結果そう言ってくれることはありませんでした。
近年、初めて4週空きそうなことがありました。たまたま指定されたお天道様に私の数少ない予定が重なったんです。結局は私の予定が中止になったので安泰出会える予定なのですが、俺ばかりが旦那に予定を合わせている気がして気分が悪いだ。いっそ巡り合うコミットを中止してやろうかとも思います。会いたい意思もあるし、会ってやりたくない意思もあるし、困難だ。

わたしのFX投資について最大の円高と円安について

外国に直接投資ができるのは、FXが一番だと思います。FXをすると、海外のニュースに敏感になります。最近では、北朝鮮情勢やトランプ政権の動きにもFXはものすごく影響を受けます。経験上、時の政権に左右されたり、政治が経済を動かすような感じがします。安倍政権の誕生により、黒田日銀総裁の方針により量的緩和政策が行われ。それまで、ドル円で1ドル80円台だったものが、一気に1ドル110円台まで大幅な円安となりました。この円安により国内の景気が上がり現在の好況に繋がっているというのが、政治が経済を動かしている象徴のように思えます。私の場合、FXで、その時は、民主党の菅政権の時代ですが、円安と予想してポジションを設定しましたが、円安の予想を外れて、円高に振れました。ただポジションを残しても余裕がありましたので、損切りせずに待っていましたところ、自民党の安倍政権になり、円安の方向に振れたため、ある程度の収益を上げることができました。