カフェの店員さんに、どんな接客を求めるか

ときどき、近所にあるサンマルク・カフェを利用することがあるのですが、本当ならばあまり使いたくないお店だったりします。
夜遅くまで営業しているというのと、比較的店内がいつでも空いているとのがメリットではあります。
しかし、このお店は、店員さんのやる気のなさにいつも失望させられたり、ちょっといらっとしてしまうことがあるんですよね。
わざわざお金を払ってまでイライラしに行くだなんてもったいないので、あまり積極的には利用していません。
店員さんの接客の残念なところというのはいくつかあるのですが、そもそもホスピタリティというものが一切ないのです。
カフェの店員さんにどこまでの接客を求めるのかは人によって違うと思うのですが、最低限のレベルというものはあると思います。
お金や商品の取り扱い、言葉遣いなど、あまりにもぞんざい過ぎるのではないかと、いつも感じてしまいます。
そんな店員さんだからなのか、店内の清掃はあまり行き届いておらず、前の利用者のものだと思われるゴミが、平気で床やテーブルに落ちていたりします。
このお店の店員さんたちは、自分たちの仕事について、何か思ったりすることはないのでしょうか。借り換え カードローン おすすめ

もう少しとめる台数に余裕が欲しい駅間の駐輪場

いつも家から電車の駅まで、約15分の道のりを自転車で通勤しています。
駅前には有料の駐輪場があるのですが、普段なかなか混雑していて止める場所を探すのに苦労したりします。
先日も、駅にいちばん近い駐輪場がいっぱいで、ちょっと離れた第2駐輪場まで自転車を映さなければなりませんでした。
おかげでいつもの電車に間に合わず、一本遅い電車に乗るはめになってしまいました。
この第2駐輪場というのは、たしか2、3年前に新たに作られたものです。
以前まではもともとあった第1駐輪場のみだったのですが、いつも自転車でいっぱいになり外まで溢れているような始末でした。
そこで第2駐輪場が駅の反対側にできたのですが、今ではこちらもかなりいっぱいになってしまうようになりました。
駅前の駐輪場というのは、あればあるだけ自転車が集まってしまうのかもしれません。
ときどき使う人もいれば、私のように通勤で毎日利用するような人もきっと少なくないはずです。
なかなか難しい問題だとは思うが、もう少し駐輪場に余裕があると嬉しいんですけどね。