今月7月だけでかなりの売れ行きを残しました。

 まあ、私は在宅ワークをしてそれとクラウドワークスをやって絵の仕事をやってオークションでと仕事を結構やってますが、とりあえずまだ7月入って2日目ですが、オークションだけでもう片手くらいのお金を稼げてます。さす7月ですね。これから自撮りROMやコスプレのイベントに参加するのでそれに参加したらもっと売上は間違い何のでね。いい感じです。今年は、かなり暑いのとそれと同時に使用済みがすごい売れるのです。まあ暑い日が多いと汗を本当に書くことが多いのでそれでよく売れるのですね。何だろう普通に汗で湿ったようなのが好きみたいですね。まあ私からしたら損な物は即捨てたくなります。けどオークションに出したらそれがたちまち対価に代わる訳ですかね。辞められないです。まあそんな感じで7月の暑い中は出だし快調です。この調子でどんどん売り上げていきたいと思います。欲しいものがたくさんあるのでね。しっかりとゲットですね。面白おかしくやれてます。http://www.strandvolleybal.net/

そういえば、高校の頃の部活の練習はしんどかったな

いま考えても、高校生の頃の部活というのは、だいぶ厳しいものがあったなと感じたりします。
私は小中高とずっと水泳をやっていて、高校生の頃も、もちろん水泳部に所属していました。
高校の水泳部はそれほど強い強豪高というわけではありませんでしたが、それでも、良い結果を目指して、みんなが一生懸命練習していました。
先日、プールに泳ぎに行ったときに、地元の高校生たちが練習しているのを見て、そんな昔のことを思い出してしまいました。
この時期は、まだ屋外のプールは水温が低すぎるので、私も部活でよくプールに通ったものです。
プールではレーンをいくつか借りて練習していたのですが、他のコースには一般の利用者もいます。
ときどき、泳ぎ終わったときに話しかけられて、「みんなすごいね」とか、「頑張ってね」とか、声を掛けられたものです。
あの当時は、厳しい練習や、高いハードルを課すコーチのことを、あまり好意的に思うことは出来ませんでした。
でも、こうして振り返ってみると、やっぱり厳しいコーチがいなければあそこまで練習しなかっただろうし、良い思い出になってしまうものなんですよね。